HAIROWorldPlugin公開のお知らせ

2020年12月11日(金)午前10時にChoreonoid向け拡張機能「HAIROWorldPlugin」をGitHubにて公開しました。

日本原子力研究開発機構 楢葉遠隔技術開発センター(NARREC/JAEA)では、シミュレーション技術による福島第一原子力発電所の廃炉のための遠隔操作技術開発の促進に貢献することを目的として、Choreonoidを基盤とするロボットシミュレータの開発を行っています。

HAIROWorldPluginは、ロボットの遠隔操作により行われる廃炉作業を模擬するために当室がこれまでに開発したChoreonoidの拡張機能で、水中ロボットの挙動、無人航空機の挙動、視覚効果(ノイズ・歪み・色相変化)を含む不鮮明なカメラ画像の提示、ネットワーク通信障害(遅延・帯域減少・パケットロス)を模擬するための機能と、シミュレーションに必要となるモデルの生成や環境の設定を支援するユーティリティをChoreonoidに付与します。

HAIROWorldPluginを利用することで、廃炉作業時を想定したロボットの遠隔操作を体験するためのシミュレーション環境を構築することが可能になります。なお、HAIROWorldPluginは、MITライセンスに準拠しています。

HAIROWorldPluginは、 github の以下のアドレスにて公開されています。

情報提供ありがとうございます!
ライセンスもMITライセンスということで、利用しやすくなっていますね。素晴らしいです。
すみません、今会社の業務が立て込んでいて内容を確認できないのですが、今後機会がありましたらデモなども見せていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

現在準備中になりますが、デモンストレーション動画を今後アップロードできればと考えております。
また、現在オンラインマニュアルもGitHub Pagesにて同時に公開しておりますが、より詳細に記載したユーザマニュアルを年度内に発刊することを予定しております。こちらについては、準備が整い次第、お知らせいたします。

この度公開した プラグインに関して、お気づきの点等ございましたら、
ご要望・バグ報告でもなんでも結構ですので、お知らせいただけると大変助かります。

遅くなりましたが、下記のページにHAIROWorldPluginの紹介動画を掲載しました。

HAIROWorldPluginマニュアル — hairo-world-plugin-doc 0.0.0 documentation (k38-suzuki.github.io)

1 Like